ひろしまアニメーションシーズン2022

PROGRAMプログラム

環太平洋・アジアコンペティション審査員プログラム

フローランス・ミアイユ 短編作品集 ゲスト:フローランス・ミアイユ
SCREENING TALK

スケジュール

8.18 Thu. 12:40 大ホール

プログラム概要

環太平洋・アジアコンペティションの審査員として来場するフローランス・ミアイユの短編アニメーション作品を特集。

作品概要

オイル・ペインティングの手法でユニークな作風を確立したミアイユの主要な作品を一挙上映。

上映作品一覧

ハマム
フローランス・ミアイユ
1991

初めてお風呂(HAMMAM)に行く2人の女の子が、蒸し風呂、シャワー、噴水の迷宮を案内してくれる。

シエラザード 千夜一夜物語より
フローランス・ミアイユ
1995

千夜一夜物語」の第一話を原作とした作品。妻の浮気を知ったスルタンは、精神錯乱状態に陥る。

真夏の夜の夢(8月の第一日曜日)
フローランス・ミアイユ
2000

カルチェ物語
フローランス・ミアイユ
2006

夢の感触
フローランス・ミアイユ
2009

蛇行
フローランス・ミアイユ
2013

FRANCE. Annecy. 2015. Annecy festival. Painter and film maker Florence Miailhe at her exhibition in the Chateau museum.
フローランス・ミアイユ

1956年生まれ。国立高等装飾芸術学院で彫刻を専攻後、出版物のレイアウト・アーティストとしてキャリアをスタート。ドローイングや彫刻を発表する。 1991年、初の短編映画『Hammam』を監督して以来、アニメーション映画の分野で非常にユニークなスタイルを確立している。 絵の具、パステル、砂などを使って、カメラの前で直接、描画をしている。 彼女の作品は、フランス国内外の様々なフェスティバルで注目されている。そのなかには、2002年にセザール賞(最優秀短編映画賞)を受賞した『Au premier dimanche d'aût』、2006年にカンヌ映画祭特別賞を受賞した『Conte de Quartier』がある。また、2015年第39回アヌシー国際アニメーション映画祭でCristal d'honneur(名誉賞)を受賞した。彼女はゴブラン、ENSAD、ラ・プードリエールなど、様々なアニメーション学校で講師を務めている。監督業と並行し、映像作家としても活動を続けている。 彼女の作品の脚本の多くは、作家のマリー・デプレシャンとの共同作業で書かれたものである。 長編映画『The Crossing』は、2010年にアンジェのプルミエ・プラン祭で最優秀脚本賞を受賞し、フォンテヴロー修道院での展覧会のテーマにもなった。 2017年、同作品はガン財団映画特別賞を受賞した。