ひろしまアニメーションシーズン2022

PROGRAMプログラム

ワールド・コンペティション

ワールド・コンペティション:寓話の現在(1)
SCREENING

スケジュール

8.18 Thu. 18:10~ @大ホール
8.21 Sun. 15:00~ @横川シネマ
本プログラムは「寓話の現在(2)」と続けてご覧いただけます。

プログラム概要

フィクション系の作品を対象とするカテゴリです。

上映作品一覧

ぶらぶらタイガー
アナスターシア・ファリレイーエヴァ
ウクライナ

かつみはブルーな気分だ。日本のゴーストタウンを歩いていると、自分の人生がもう限界であるというサインを見出す。そんな彼女の前に現れたのは、マジックタイガー。果たしてマジックタイガーはかつみを救うことができるのか?

アナスターシア・ファリレイーエヴァ

「12歳のとき、アニメーションのトレーニングを開始した。 16歳の時、Oleh Pedan(ウクライナの有名な人形師、ストップモーション監督)に初めて会い、大学の彼のクラスに入ることにした。 19歳のとき、Oleh Pedanは彼の最後の作品を完成させることを私に任せた。 20歳になった今、私は非常に個人的な経験を『Tiger is strolling around』という映画にすることができたと思う。」

縮減
レカ・アンナ・サカーイ
ハンガリー

より良い生活を求めて向こう岸に行くという、同じ目的を共有する二人の女性が、終末後の海岸で共に暮らしている。しかし、謎の存在が片方の人生に入り込んだことから、取り返しのつかない事態が連鎖的に起こり始める。人間関係と共に、周囲の世界そのものが崩壊していく。

レカ・アンナ・サカーイ

レカ・アンナ・サカーイは1995年、タタバーニャ生まれ。2020年にモホリ=ナギ大学でアニメーションの修士号を取得して卒業。彼女の卒業制作は、サラエボ、アメリカのGLAS、スイスのファントーシュ、デンマークのVAFなどの国際映画祭で上映され、BAFTA学生賞の最終選考に残った。レカはHungarian Animations for Community Purposesというクリエイティブ・グループの創立メンバーであり、彼らの短編映画は現在の社会問題を扱っている。Animation Sans Frontièresに参加し、次の短編映画の制作を開始した。

助力者
ソッロシ・アンナ
ハンガリー

『助力者』は、終わらせたい不安と悪夢の繰り返しに悩む、若い女性の物語だ。彼女は異なる解決策を提示してくれるヘルパーを探し出すが、治療の過程で、自分の最大の恐怖に直面することになる。この映画は象徴的な出来事を通して、超現実的な世界での彼らの関係を詳細に描写する。

ソッロシ・アンナ

ソッロシ・アンナはハンガリー出身のアニメーション作家。彼女は幼少期をテヘラン(イラン)のアーティスト・コミュニティで過ごし、そこで様々な形態や表現のアートを知った。2019年、彼女はモホリ=ナギ美術大学のアニメーション専攻修士課程を卒業した。最近、Animation Sans Frontiéresに参加し、現在、今後の短編映画シリーズを開発中。

山の中で
ウォーリー・チャン
アメリカ

ハイキングに出かけたカップルに、奇妙なことが起こる。

ウォーリー・チャン

ウォーリー・チャンはニューヨークに住みながら映画を製作している。

洋菓子屋の王子
カタジナ・アゴソウィッチ
ポーランド

『洋菓子屋の王子』は、幸せをテーマにした一見ユーモラスな物語である。なぜなら、「幸せには悩みがつきもの」とNot-So-Little Princeは言い、悩みの例をいくつも挙げているからだ。話相手のPrickly Pearは、屈託のない明るさと素朴な人生の喜びを体現しているが、同時に活発で知的な頭脳を持っており、Princeに一歩引いて話をさせることがある。カフェでケーキを食べるカップルの哲学的な寓話は、幸福は捉えづらく、私たちが常にそれを見つけられるとは限らないという事実や、幸福を完全に体験できるとは限らないという、誰にとっても身近な根本的な問題に触れている。

カタジナ・アゴソウィッチ

カタジナ・アゴソウィッチはアニメーション映画の脚本家、監督。クラクフ美術アカデミー・グラフィック学部卒業。アニメーション映画研究科を卒業。Jerzy Kucia監督の『Fugue for Cello, Trumpet and Landscape』で監督助手兼アニメーターを務めるなど、多くの映画製作に協力する。ポーランド映画製作者協会、国際アニメーションフィルム製作者協会ASIFAのメンバー。

とあるイギリス人アリ食い男の告白
アレックス・クランビー
イギリス

両親の警告をよそに、蟻を食べることにハマってしまった少年トーマスを描いたシュールなアニメーション映画。詩によって語られるこの作品は、子供時代の反抗期や依存症といったテーマを遊び心たっぷりに表現している。この物語は、1821年に出版されたイギリスの作家トマス・ド・クインシーのアヘン中毒の自伝的作品『阿片常用者の告白』にインスパイアされたものである。

アレックス・クランビー

アレックス・クランビーは、イギリス・マンチェスターを拠点とする映画監督、アーティスト、作家、ミュージシャンである。短編小説や詩のシリーズを執筆し、イラストを描いており、そのすべてがTeam Trident Pressから出版されている。彼の作品は、あらゆる年齢層にアピールするもので、シンプルかつ遊び心のあるシュールなストーリーテリングを用いて、複雑で哲学的なテーマを探求している。元々は書籍として出版されていた『とあるイギリス人アリ食い男の告白』は、アレックスの最初の作品だ。この作品は両親の警告にもかかわらず、アリを食べることに夢中になる少年トーマスを描いた、奇妙でゴシックな物語である。子どもの実験欲や反抗心、そして中毒の危険性を追求している。Alexの作品において、音楽は重要な要素である。『とあるイギリス人アリ食い男の告白』 の音楽は主にバンジョーで作曲されたが、コントラバス、チェロ、バイオリン、フルート、ドラムも含まれている。アレックスと彼のバンドLegs-on Wheelsのメンバー数名によって録音された。アレックスの短編小説と詩は、長谷美奈によって日本語に翻訳され、現在東京のいくつかの書店で販売されている。

2つのトランペットに捧げる物語
アマンディーヌ・メイヤー
フランス

全ては痴話喧嘩と涙から始まる。少女に巻かれた包帯の内部に入り込み、一種の精神的、液体的なイメージを得る。そのイメージの中では、ガチョウが赤ちゃんにリコーダーを教えている。音楽では、子供が成長し、少女になる。少女は完璧に学習し、先生をむさぼり食うことさえある。私たちは、彼女の進化、変身、そして創造を追いかける。

アマンディーヌ・メイヤー

アマンディーヌ・メイヤーは、フランスのデザイナー、アーティスト、アニメーター。ロレーヌ地方出身で、一時期ベルリンに住んだ後、パリ近郊のモントルイユに住んでいる。2004年から自費出版を始め、F-L-T-M-S-T-P-C、Kaugummi books、ION、Misma、Solo ma non troppoから作品を出版している。また、 feuilles de mentheから絵本も数冊出版している。また、ライトアーティストのJulia Dantonnetとイギリスのキングス・リン大聖堂の塔のためのビデオを制作したり、Christelle Enaultと「c'est à genoux qu'il la trouvèrent」展のためにベッドの下の巨大紙ジオラマを制作するなど、他のアーティストとのコラボレーションも行っている。日本の同人誌『UZO』に最初のコミック(本人曰く「フェイク・コミック」)を発表。『TOMOKO』と『Misma』で、この短編作品を継続、発展させている。『2つのトランペットに捧げる物語』で、アニメーション映画監督としての第1作を発表。

皮膜
ヨアヒム・エリセ
フランス

沼の真ん中に迷い込んだ古い建物には、片足が結合したシャム双生児の奇妙な女性、スキンドとパフィーが住んでいる。ある夜、フレイドは妹の肉が自分の体を覆うという恐ろしい悪夢にうなされる。生き残るために、スキンドは彼女のシャムを殺害する。解放され、一人暮らしを始めた彼女だが、夜な夜な奇妙な音に悩まされるようになる。パフィーが彼女を苦しめるために戻ってくるのだ。

ヨアヒム・エリセ

1979年アンジュー(フランス西部)生まれのヨアヒム・エリセは、独学のアニメーター、作家、監督。2000年以降、パリの特殊効果・アニメーションスタジオで3Dアニメーターとして働く。2005年、Canal + Jeunesseのために初のカットアウトアニメーションシリーズを監督。 ストップモーション・アニメーションに情熱を傾け、2010年から短編映画やシリーズの原作者として活動。いくつかの執筆助成を受ける。2015年、ストップモーション・アニメーションを専門とする制作会社Komadoli Studioを設立。 Arteと共同で制作した初の短編映画『皮膜』は、ストップモーション作品。現在、『皮膜』の世界観をベースにしたシリーズプロジェクト『Dolls』と、初の2D長編映画プロジェクト『The stone』に取り組んでいる。